• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸っぱくて苦い


シトラス 香魚子

きっかけは表紙に惹かれて買ったと言う100%表紙買い。
柔らかい絵のタッチと中学生らしい悩みを抱えた人々が織りなすストーリー
そしてその読みやすさに惹きこまれ、一気に作者のファンになりました。
それは結構前の話、5月か6月辺りのエピソード。

と言う事で今月23日に発売した2巻
続きが気になって仕方なく、期待に胸躍らせ購入しましたとも。
ページを捲れば初っ端から怒濤の勢いで伏線が回収され
急に足早に進むストーリーは驚き以外の何物でもなかったです。
そして打ち切り臭漂う結末には泣きましたよ
久々のヒットだっただけありアスクレ以来のショック、
面白い漫画だったからこそ心残りが盛り沢山です。
でもこの漫画の人達はこれからどう過ごすのか想像したくなる終わり方だし
奈七美が少しデレたからもう細かい事は全部無視しとけばで良いんだって、
そう思う。

しかし心なしか自分が気に入った漫画は早い内に完結してる気がします
とりあえず作者が次回作を連載した際はアンケート投稿すると決めました。
スポンサーサイト

そうやって今は

http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=201012000721

日常の小説?誰が喜ぶんですかハッハッハ


私がいた。
挿絵は無く、イラストは全てアニメの絵なのが少し残念ですが
好きなマンガが小説になれば内容がどうであり嬉しいものですね。

日常自体はベリー面白いけど小説としては向いてないと思う
あの独特な雰囲気の絵と文章があるからこそ日常は成り立っていて
そのどちらか1つが欠けた時点でいくら面白くともそれは日常ではなく
日常っぽいコメディー小説になってしまう、そんな気がします。
好きな漫画なので小説が出るのは嬉しいけど失敗だよ、コレ
面白い話が幾つかあるからこそ残念で仕方ないです
関係無いですがいきなり文字をデカくしてくると
「ライトノベルらしいなぁ」となんとも言えない気持ちになります。

原作、アニメ共に面白いのに何故ネットでの評価は微妙なのだろう
アマゾンさんの評価が然程アテにならないのと同じなのでしょうか。

あの花、いろ花


3月のライオンが面白い、前から面白いですが6巻は特に
裏表紙に書かれてる通り、本当に優しい物語なんです
何て言うんだろ、読んでて心が癒されます。
ちはやぶるもアニメ化するんだしそろそろ3月のライオンもアニメ化する予感。
ちはやぶる全く関係ありませんが
アニメ化する際はノイタミナでIGが作ると当たらない予想
桐山零のCVは入野自由さんか日野聡さんです。

アニメが放送されてからの書店での青のエクソシストの
プッシュぷりを見るとやっぱりアニメ効果って凄いと実感。
個人的に1話が面白くて以降が微妙と思ってましたが世間の評価は180°違う模様。

花咲くいろはの漫画はアニメとは違った展開を見せてくれるので面白いです。
決して省略されてると思ってはいけない
漫画の方は百合っぽさがあるから別にいいんです、それだけで満足。
アニメの1話を見た時は朝ドラか昼ドラみたいなストーリーが
繰り広げられるんだと淡い期待を抱いてたのですが
今となってはそんなドラマチックな要素は消え去り基本女の子達がワイワイして
時々シリアス路線に入る程度なので肩透かしと言うか何と言うか…
これはこれで好きなんで大歓迎ですけどね。
ハムサンド食べたいのにコンビニ行ったら卵サンドしか無かった的な

前にあの花面白いよーと友人に絶賛したら見るの面倒と言われたので
あの花の小説が発売したら勧めてみようかなとか考えてましたが
下ネタ満載なので勧めようにも勧め辛くなりました。
あの花見てると全てを1からやり直したくなります、記憶を保持したままで。
コナンが羨ましくて仕方ない

私が死んでも(ry


ついに最終回を迎えてしまった屍鬼。
小説からは想像もつかない絵柄や原作にあった伏線が省かれてたりで
「これが屍鬼?俺は認めん!」と最初は不満で仕方なかったのですが
いざ読むと作品の魅力を活かしつつフジリュー様の魅力やオリジナルの部分が
原作を壊さない程度に織り交ぜられていて新鮮な感覚で楽しめました。
今思えばパッとしない絵柄で漫画化されても平凡なホラー漫画の枠に
収まってしまう気がするのでこの人が漫画化して良かったと思います。
これ程恵まれた環境でコミカライズされた作品はそう無いのではなかろうか。
最後まで面白い漫画でしたとも。フジリュー様の次回作が楽しみです。

そして屍鬼終わったらこれから何読めばいいんだよと
絶望の淵をふらふらと彷徨ってた時に出会った漫画、絶叫学級。語呂悪い
それは救いの手を差し伸べられたかの様でした。
まあ8巻の帯に西尾維新と言う名前とコメントが書いてなければ
これっぽちも興味を示さなかったのでしょうけど。
使い古された感漂う設定が多めで話の先が大体読めちゃったりするのですが
幽霊などのホラー系ではなく人の心に潜む闇とか愚かさが重点に置かれてるので
好きな人は素晴らしいのなんのって、一話完結モノなのも地味に魅力。
描写の上手さと話のテンポのよさが合わさって読んでて中々引き込まれます。
ストーリーがなんか説教臭いなんて事はあえて言うまい。
小、中学生向けの漫画雑誌で連載してる漫画に高校生が
文句を言う事がそもそも変なのですから。

ホラー系はそこそこ好きなジャンルなのですが正直なところ心霊関連とかよりも
都市伝説がテーマになってる漫画を読みたいのです。
江尻立真さんがWorld4u連載したりなんてしてくれないかしらね。

一昨年と去年のナツイチフェアでテガミバチの浅田弘幸が
中原中也の詩集や宮沢賢治の銀河鉄道の表紙を描いてたので
もしかして今年も何かの表紙を描くのかと淡い期待してましたが
そんな事なかったです。表紙の為だけに買った2冊目の舞姫。
後悔などしていないのであります。好きだし

エデンニオチロー

最近買った漫画の感想でも書いていこうかと思います。
全く作品のストーリーに触れないのは私の人間性故


はつきあい
砂糖の塊の様に甘甘なラブコメディ。
甘いなんてチャチな言葉じゃ断じて言い表せない程、甘い
甘すぎて無理でした、読んでるこっちが恥ずかしい
始めて読むことを途中で放棄した漫画です。
何だろね、シチュエーションに「ふざけんな」と叫びたくなります。
「刺激が足りないから俺たち付き合おうぜ!」的な超展開から始まり
お互い親に見つからないように電話して最後に愛を確かめ合ったりとか
何かもう無理。読んでる自分が虚しくなります

こんなの作者が思春期に「あーこんなことしてーなー」て思ったことを
そのまま漫画にしただけだろがと意味が分からない怒りに駆られていました。
漫画内のシチュエーションと似た物を想像した事があるから余(ry
この漫画みたいにイチャラヴしてる友達にいたらその人と縁切りますぜ、私
どうでもいいですが妹に200円で売却してもらいましたとさ。


GATE7
ジャンプSQで7月から連載開始したツバサや×××HOLICでお馴染みCLAMPさんの新作
京都に実在してるお店が登場して巻末にその店が住所付きで紹介されてたり
話の方も歴史、京都のお勉強になり勉学としても役立つ至れり尽くせりな漫画。
僅か1巻で随分と伏線を作ってるのでこれからどう回収していくのか楽しみです
中二な用語がバンバン登場する能力バトルと私の好みを抑えてるので何にせよ楽(ry

バトルもギャグもスポーツも腐もエロ等と多種多様なジャンルの漫画があって
全て高レベルで纏まってるしもう漫画雑誌はSQが天下で良いのではなかろうか。
集英社が大好きでもジャンプを枕にして寝るほどのジャンプ好きでもありませんが
SQの連載陣が私のツボに見事に的中してるので絶賛するしかないです。


日常
気づけば全巻揃えちゃってた漫画。
もし今誰かに漫画を勧める機会があるならば間違いなくこの漫画を勧めます。
タイトル通りつい共感してしまうネタがチマチマあって面白いのです
現実には絶対に起こりえないネタの方が盛りだくさんだけどね。
可愛らしいキャラが多いのも魅力の一つ。
1巻につき面白い話が絶対に幾つかあるけど読み終わると何が面白かったのか
分からないしそもそもどこで笑えたのか若干忘れてるのがこの漫画の不思議
つまり2回、3回読み直しても変わらず面白い1冊で2,3度美味しいステキ漫画。
深いことを考えずに勢いだけで楽しむ漫画の典型(褒め言葉)だと思います。

改めてアニメを見直すと原作を完璧と言っていいほど再現していて驚き。
あの花やら花いろと今期は面白いアニメが沢山あるけども
実はこのアニメが一番か二番目に面白いんじゃないかと思うのです。
個人的に4巻の喫茶店とテストの話がかなりツボに入って気に入ってるので
アニメでもやってくれるのが楽しみです。


FINAL FANTASY13
1週間以上に及ぶ放置の末、バルトアンデルス(2回目)倒したぞー イェーイ
久々にやったらあっさり倒せたから驚きです。
過去の私はなんと下手糞だったのだろう、何故手こずっていた
それでも20分にわたる長期戦を繰り広げていたのですが…
主人公のライトさんを操作するのに飽きたので操作キャラをファングに変えたら
気のせいなのでしょうけど世界が変わった気がしました。
そしてトランスフォーマーなムービーや初期のPVを彷彿させるムービーの末
このまま一気にクリア出来るかなー?と思ったらアダマン何ちゃらに苦戦してます
デスに頼ってもちーとも成功しない辺り、私は運の無い人間なのでしょう。
スノウのCPが70万突破しました、カンスト近し。
プロフィール

マイタケ

Author:マイタケ
マイペースで飽きっぽい学生

好きな物は漫画と小説、ゲームやアニメ等と色々、多分色々

漫画と小説はジュブナイルとラブコメが好き

ゲームも基本的に何でもやりますが特にRPGが好き
中でもテイルズオブシリーズがそこそこ大好き

嫌いなのは数学と納豆と歯医者

単純な馬鹿であることが当面の目標

日記やゲーム、本など色々と書いていけたらなと思います

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
最新トラックバック
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。